□ Profile 事業案内
トップページ > 事業案内

出資金
 生協に加入し組合員になるときだれもが「出資金」を出します(1口 1,000円)。生協は組合員自身がつくる組織だからです。組合員みんなで出しあった出資金は、商品の仕入れや開発、お店づくり、組合員活動など生協の事業や活動に使われています。

増資・積立増資
 出資金は生協の運営を支える大切な資金です。生協の資本の中で出資金の比率が高まれば銀行などからの借入金をせずに済み、それだけ生協の経営基盤も安定します。現在、青森県民生協の出資金の総額は2億9千万円で総資本に占める割合は23%たらずでまだ銀行などからの借入金に頼っているのが現状です。経営基盤を安定させ、組合員の願いを実現させていくためにも生協では増資・積立増資をお願いしております。

減資と脱退
 出資金はお預かりしているものですが生協の事業経営の大切な資金ですから銀行預金のようにいつでも引き出すことはできません。やむをえない理由(病気や事故)で出資金を減らしたい(減資)場合は事業年度末(3月20日)の90日前(12月20日)までにその旨お申し込みいただき事業年度の終りにおいてお返しいたします。退職、転出、死亡等で生協を脱退する場合は出資金は全額お返しいたします。

余剰金の分配(出資配当等)
 生協では事業で得た余剰金(利益)は組合員みんなで分けあいます。その方法のひとつとして出資金に対する配当を行っております。余剰金が多いほど配当率も高くなります。その他に、生協法第51条1項の規定にもとづく法定準備金の積立て、生協発展のための留保なども行っております。
 もちろん、剰余を出せなかった場合は、出資配当や内部留保はできません。

青森県民生活協同組合
県民しくみ図

組合員数
91,976人
出資金
650,070千円
総代
417名
監事
3名
理事
17名
(2016年3月時点)


青森県民生活協同組合
【事業高】(2015年度) (単位:千円)
地域店舗供給高 15,385,019
その他の供給高
(夕食弁当宅配等)
49,163
合計 15,434,182

【専従役職員数】(2016年3月末)

正規役職員数 110人 59人 169人
パート職員数 48人 276人 324人
合  計 158人 335人 493人