□ 青森県レジ袋撲滅運動
トップページ > 青森県レジ袋撲滅運動に賛同いたします。

生協では2009年2月2日よりレジ袋の無料配布を中止させて頂きました。

このたび青森県民生協は青森県買物袋持参運動自主協定に参加することになりました。
いつもご利用いただいている組合員様にはご迷惑をおかけすることになりますが、組合員様とともに環境保全活動を推進して参ります。
『もったいない・青森県民運動』に参加しレジ袋の使用量を削減することで、石油消費を減らします。
またゴミ削減をすることでCO2を減らし地球温暖化防止を行います。
ご理解とご協力をお願いいたします。


レジ袋をご要望の組合員様には有料で販売いたしております。

毎日のお買い物にはマイバッグやマイバスケットをおすすめします。
マイバッグ・マイバスケット使用時のおねがいと包装基準


□ 『レジ袋無料配布中止』についての Q & A
Q1.なぜ無料配布を中止するのですか?

A1.青森県の主催する「もったいない・青森県民運動」に参加し、レジ袋の使用量を削減することで、石油消費を減らします。また、ゴミ削減をすることでCO2を減らし地球温暖化を防止します。

Q2.これからのお買い物はどうすればいいのですか?

A2.マイバッグ・マイバスケットをご持参してのお買い物をおすすめします。(マイバッグはお会計の時まではたたんでご持参ください。)

Q3.マイバッグを忘れてきたらどうなるの?

A.3.そのときに限り有料のレジ袋をご利用いただきますので、お持ちのマイバッグなどはお忘れのないようお願いいたします。

Q4.現在の『エコポイント』はどうなりますか?

A4.レジ袋が有料となりますので、エコポイントの役割は終わったと考え、2009年2月1日で終了させて頂きます。ポイントに相応する諸経費の一部は、環境保全活動などに還元致します。

Q5.すべての袋が有料となるのですか?

A5.店内のダンボール箱・サッカー台のビニール・薄手のビニール袋など一部無料となります。

Q6.レジ袋を販売した収益はどうするの?

A6.収益の一部は、リサイクル活動や、環境保全活動などの社会貢献活動に活用いたします。

□ マイバッグ・マイバスケット使用時のおねがいと包装基準

マイバッグはお会計の時まではたたんでご持参ください。